• 北海道
  • 北海道

観光スポット

道北エリア

マップをクリックしたままスクロールできます。

道北エリア

道北地域は、遠くサハリンを望む宗谷岬をはじめ、最北の礼文島・利尻島を有する詩情豊かなエリア。海を埋めつくす流氷群やのどかな牧場風景など、四季折々の表情豊かな景観が望めます。また、真っ青な夏空に色とりどりの花々が咲き誇る風景が感動的な富良野など、つい見とれてしまう魅力的な観光地。カニをはじめとした豊富な魚介類や愛らしい野生動物との素敵な出会い、カヌーや犬ぞりなどのアクティビティも充実しています。

稚内公園の夜景写真提供:ピクスタ

1

稚内公園の夜景

日本最北端の市街地夜景がロマンチックとして、稚内公園が「第14回日本夜景遺産」の自然夜景遺産部門に認定されました。

利尻島写真提供:ピクスタ

2

利尻島

島めぐりではゴマフアザラシや多彩なバードウォッチング、トレッキング、サイクリング、シーカヤック、温泉なども楽しめます。

金浦原生花園写真提供:ピクスタ

3

金浦原生花園

遠別町の広大原野では、6月から約3万本といわれるエゾカンゾウが咲き誇り、黄色いジュータンのような光景が広がります。

美深町トロッコ王国写真提供:上川総合振興局

4

美深町トロッコ王国

廃止された旧国鉄・美幸線、その跡地の往復10kmにトロッコが運行されています。緑のなかを駆け抜ける爽快感は抜群です。

はぼろバラ園写真提供:羽幌町

5

はぼろバラ園

羽幌町の観光拠点である道の駅ほっと・はぼろ内にあるバラ園は、世界のバラ300種、約2,000株のバラが咲き誇る憩いの庭園です。

旧花田家番屋写真提供:ピクスタ

6

旧花田家番屋

小平町の旧花田家番屋は、建造物では最北端の国指定重要文化財。1905年に建造され、現存する番屋では最大級の規模です。

羊と雲の丘写真提供:ピクスタ

7

羊と雲の丘

士別町にある、約100頭もの羊が放牧されている観光牧場です。世界のめん羊館や工芸館、レストランも併設されています。

増毛春の味まつり写真提供:増毛町

8

増毛春の味まつり

毎年5月に開催され、港で水揚げされた海産物(甘エビ・タコ・ホタテ等)や自慢の地酒・國稀の限定酒が味わえる祭りです。

旭山動物園写真提供:ピクスタ

9

旭山動物園

動物たちの自然な姿を見られる行動展示で、全国的になった旭山動物園。いまや北海道を代表する大人気の観光スポットです。

青い池写真提供:ピクスタ

10

青い池

美瑛町の青い池は、「一度は見てほしい」人気の絶景スポット。源流の白ひげの滝も、ぜひセットで訪れてください。

ラベンダー園 「ファーム富田」写真提供:ピクスタ

11

ラベンダー園 「ファーム富田」

中富良野町のファーム富田はラベンダー観光発祥の地。四季折々の多彩な花々や石鹸・香水などのオリジナル商品も揃っています。

富良野オムカレー写真提供:富良野オムカレー推進協議会

12

富良野オムカレー

富良野市内で食べることができるカレーとオムライスを組み合わせたご当地グルメ。町おこしのための開発型フードの一つと言われています。

道央・道南エリア

マップをクリックしたままスクロールできます。

道央・道南エリア

道都を有し、変化に富んだ美しい海岸線をもつ石狩地方。海岸にも内陸にも、いくつもの景勝地やリゾート地をもつ後志地方。洞爺湖や登別温泉など、豊かな観光資源に恵まれた胆振地方。そして馬産地として名高い日高地方など、各地方ごとに異なる特色やロケーションが魅力です。渡島地方は、日本海に面した松前町から、津軽海峡・噴火湾をへて長万部にいたる長い海岸線が続いているのが特徴。異国情緒あふれる函館市をはじめ観光地としても人気が高いです。

北竜町ひまわりの里写真提供:ピクスタ

1

北竜町ひまわりの里

北竜町のひまわり畑の作付面積は日本一。毎年8月になると、約150万本のひまわりが視野いっぱいに咲き誇ります。

新千歳空港写真提供:ピクスタ

2

新千歳空港

北の玄関口とも呼ばれ、2本ある滑走路の長さは共に3,000m級であり、旅客数・航空機発着回数とも日本有数の空港です。

小樽運河写真提供:ピクスタ

3

小樽運河

約半世紀前、運河の埋立て計画を知った市民が保存運動を立上げ、再生された運河は小樽を代表する観光地になりました。

ニセコのリゾート写真提供:ピクスタ

4

ニセコのリゾート

極上のパウダースノーを求め、世界中からスキーヤーが訪れたことから、この地の多彩なリゾート開発が始まりました。

登別温泉写真提供:ピクスタ

5

登別温泉

豊富な湯量と泉質に恵まれた、全国でも有数の温泉地。近年は地獄谷の鬼花火など、多彩なイベントも話題になっています。

奥尻島の観光写真提供:ピクスタ

6

奥尻島の観光

新しい町並みで活気に満ちている奥尻島。観光地としての受け入れ体制も万全で、たくさんの島民が来島を待っています。

開陽丸記念館写真提供:ピクスタ

7

開陽丸記念館

戊辰戦争で江差沖に沈んだ開陽丸。復元された船内には、海底から引き揚げられた遺物約3,000点が展示されています。

赤レンガ倉庫街写真提供:ピクスタ

8

赤レンガ倉庫街

函館赤レンガ倉庫街が、総合複合施設となったのは今から30年前。現在は多彩なイベントが開かれる人気の観光名所です。

函館レトロ教会巡り写真提供:ピクスタ

9

函館レトロ教会巡り

異国情緒ただよう函館の街並み、とくにレトロな教会群などの歴史的な建造物をめぐるツアーが好評を博しています。

函館の夜景写真提供:ピクスタ

10

函館の夜景

函館の夜景が美しいのは、人々の暮らしと独特な地形が見事に調和しているから。昼は岬へ、夜はベイエリアが定番です。

湯の川温泉写真提供:ピクスタ

11

湯の川温泉

登別・定山渓とともに道内三大温泉郷のひとつ。函館市電に乗って、多彩な泉質の湯巡りを楽しんではいかがでしょうか。

松前城と桜写真提供:ピクスタ

12

松前城と桜

日本さくら百選にも選ばれた松前城、ここは約250種1万本を数える桜の名所です。春には「さくらまつり」が開催されます。

道東エリア

マップをクリックしたままスクロールできます。

道東エリア

空と大地の間をまっすぐ走る地平線が見渡せる十勝平野、多くの野鳥や動植物の生息地である釧路湿原、そして自然そのままの原生花園が咲き誇り、冬には一面に流氷が接岸するオホーツク海岸など、道東地域の大自然の美とスケール感には眼を見張ります。ほかにも世界に誇る絶景や自然遺産、源泉かけ流しや神秘的な湖など、この地域の観光は四季折々の多様性にあふれ、また個性的な飲食店やグルメ、ユニークなイベントなども目白押しです。

遠軽町・丸瀬布森林公園 いこいの森写真提供:ピクスタ

1

遠軽町・丸瀬布森林公園 いこいの森

雄大な自然の園内には蒸気機関車が走り、オートキャンプ場も楽しめ、昆虫生態館や日帰り温泉なども隣接しています。

北見市・北の大地水族館 ー山の水族館ー写真提供:ピクスタ

2

北見市・北の大地水族館 ー山の水族館ー

幻の巨魚イトウや激流を泳ぐ魚群は圧巻!北海道の川の環境を再現した新しい生態展示の手法で人気を集める水族館です。

網走市・博物館網走監獄写真提供:ピクスタ

3

網走市・博物館網走監獄

北海道の開拓と監獄をテーマとした野外歴史博物館。オホーツクの四季を通したイベントや監獄ランチが楽しめます。

清里町・神の子池写真提供:ピクスタ

4

清里町・神の子池

神秘的なエメラルドグリーンの透明な水は、水深5mの底までがくっきりと見え、倒木や泳ぐ小魚たちの姿を確認できます。

陸別町「しばれフェスティバル」写真提供:陸別町

5

陸別町「しばれフェスティバル」

-20℃を下回る、日本一寒い町で開催される日本最寒の祭りです。人間耐寒テストでは、厳寒の凄さが味わえます。

鹿追町・然別湖写真提供:ピクスタ

6

鹿追町・然別湖

原生林に囲まれた神秘の湖。カヌーやナイトクルーズも楽しめますが、湖畔の露天風呂にのんびり浸かるのがお勧めです。

帯広市「勝毎花火大会」写真提供:ピクスタ

7

帯広市「勝毎花火大会」

コンピュータ制御により、音楽・レーザーとシンクロした仕掛け花火の華麗なエンターテインメントが話題を呼んでいます。

厚岸町「あっけし牡蠣まつり」写真提供:ピクスタ

8

厚岸町「あっけし牡蠣まつり」

厚岸といえば牡蠣。毎年10月にはたくさんの出店が並び、採れたての牡蠣を焼く「あっけし牡蠣まつり」が開催されます。

くしろ湿原ノロッコ号写真提供:ピクスタ

9

くしろ湿原ノロッコ号

ノロッコ号は、道東屈指の観光地「釧路湿原」をのんびりと走行しながら、景観を楽しむことのできる人気の観光列車です。

弟子屈町エゾシカ料理写真提供:ピクスタ

10

弟子屈町エゾシカ料理

ヨーロッパでは「ジビエ」として高い評価のシカ肉料理。弟子屈の飲食店では、さまざまなエゾシカ料理が味わえます。

  1. 観光スポット